心の声。コトノハ綴り。


by dekopu

陽だまりの詩


私ごとであるが、10月末日をもって
今の職場から離れることになった。

すべての始まりは、突き動かされた衝動。

自分の環境を出来る範囲でリセットしたかったのだ。

ただ、嫌になって辞める職場ではないので
かなりの後ろ髪引かれる想いもある。

いろんな出会いと別れがあったり

また私の居場所を作ってくれた職場であった。

残務処理でもある最後の棚卸を半年ほど前に
新しく担当になったYさんと遅くまでしていると

通りすがりに皆が声をかけてくれる。

一様にして、私の新しい仕事を応援してくれた人たちだ。

そんな中に、彼女も含まれていた。

やたらと明るい性格が最初は鼻についた。
甲高い声もなぜかイライラの原因だった。

慣れてくると彼女の底抜けの明るさの中に人生の重みの
ようなものを感じるようになった。

いつしか好きな人になっていた。

もちろん、知人としてである。

別れ際に彼女が突然に話しはじめた。

「あなたの癒される雰囲気が大好きでした。
一緒に仕事が出来て良かった。
また、どこかでお目にかかったときには
必ず挨拶しますね。」と

再会があるのかどうか分らない。

でも、あればお茶でも誘ってみよう。

陽だまりの気持ちいい頃に。
by dekopu | 2012-10-26 01:40 | 彼女の声